代表取締役社長 沼田竹広から皆さまへ


代表取締役社長沼田竹広

地元の皆さまの冷蔵庫がわりのお店。
そんなスーパーであり続けたいと思います。

ナガヤ株式会社
代表取締役社長 沼田竹広

常にお客さま第一主義でウソのない商売を。

スーパーナガヤは、明治3年の創業当初は「相模屋」という名前でした。その後明治25年に間口4間の長屋を借り食料品や雑貨などの販売を開始したところ、お客さまが「長屋」と呼ぶようになり、その名前がいつしか定着し屋号となった次第です。

昭和23年には、株式会社長屋商店を設立。昭和32年に第1号店(現玖須美店)をオープンし、現在は伊東市内で6店舗を運営しています。私が代表取締役になったのは平成4年のことで、それを機に社名もナガヤ株式会社と改めました。

「商人である前に人間的であれ」という社是は、昭和23年の会社設立時に制定されたものですが、商売の損得よりも人間としての善悪を優先するという先代の考えを受け継ぎ、常にお客さま第一主義で、ウソのない正直な商売を心がけております。

新鮮でなおかつ安心・安全な商品のご提供を。

お客さまのお口に入る商品を販売しているという自覚と責任のもと、商品の鮮度や品質には特にこだわっております。たとえば魚に関しましては、入札権を持つ地元の市場から直接仕入れておりますし、牛肉は岩手の契約牧場のものを中心に、また豚肉・鶏肉・野菜などは地産地消の観点から地元産の新鮮なものを選りすぐって店頭に並べている次第です。

その一方で、海洋深層水を使用した自家製のパンやコロッケをはじめ、添加物を極力使わない商品、健康志向にマッチした商品の販売にも力を入れております。当社のスローガンである「健康家族のハッピーライフ」の実現のために、できるだけ自然の素材を活かした商品をご提供していきたいと思いますし、お客さまが「ナガヤの商品なら安心」と思っていただけるようなお店を目指していきたいと考えております。

気持ちよくお買い物を楽しんでいただける店づくりを。

この仕事をしていてもっともうれしいのは、やはりお客さまからお褒めの言葉を頂戴したときです。以前、こんなことがありました。あるお客さまが購入された商品が店内でレジ袋ごとなくなったのです。お店のなかでのことはお店の責任ですから、店長がレシートどおりに商品をあらためてご用意し、お客さまにお渡ししたところ、お客さまが感激され、地元の新聞に投書までしてくださいました。

私たちとしましては当然のことをしたまでという認識でおったのですが、やはりこういう声を耳にするとあらためて喜びが湧いてきます。店長以下スタッフ1人ひとりが、ナガヤの看板であり、顔である。その意識のもと、お客さまに気持ちよくお買い物を楽しんでいただけるお店づくりに取り組んでおります。

緊密なネットワークでより充実した品揃えを。

よりお客さまにご満足いただける商品をご提供するためには、横のつながり・ネットワークの強化が欠かせません。当社は伊豆地域で唯一、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)に加盟しており、『くらし良好』や『美味安心』といったプライベートブランドの取り扱いはこのネットワークから生まれました。さらに人気商品である手づくりおはぎ『伊豆の瞳』も、こうしたネットワークがなければ誕生しませんでした。

また、地元の漁協さんや各企業・契約農家様にも、さまざまな分野で多大なるご協力をいただいております。この地域には品質のすぐれた商品・ローカルブランドがたくさんございます。そういった商品を丹念に紹介し、ベストな状態でご提供できるような仕組みをつくる。それが私たちに課せられた使命のひとつと考えております。

感謝の気持ちを忘れずさらなる地域貢献を。

ナガヤにお買い物に来られるお客さまのほとんどは、地元で生活されている方たちです。こうした地元の皆さまのご支援に支えられて、私たちは長年この地で商売をさせていただいてきました。その感謝の気持ちを忘れずに、少しでも地域の発展・活性化に役立てればと考えております。

当社の経営理念で「顧客第一主義の営業」とともに第一に謳っているのは「地域社会への貢献」です。地元の小学生たちを招いての店舗・工場見学もそうですし、地元のお祭りやイベントへの協賛もその一環です。お客さまあってのナガヤである。地域社会に必要なお店・会社であるとの自覚を胸に、地元の方たちがいちばん身近に思えるスーパーであるよう努力を続けてまいる所存です。

  • ポイントカードのご案内